食楽ブログ

株式会社食楽の気まぐれブログです。
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
     
       

試験!

 試験と言う響に私たちは敏感です。
日頃やっていることを試験するというだけで緊張する。
私を筆頭にあまり試験を受けたこと無い集団なもので・・・・
しかし、試験と言う物は一つの通過点、確認の手段に過ぎないもので普通にすれば言いのだが、中々難しいものだろう。
本日。0時より宗像の若きイケメン・ジュンペイのシルバーへの道(テストの題名です。大変大げさな名前です)をしました。淳平 もくもくとペンを進めるジュンペイ
雑談をしたくてもとてもでは無いが本人の気持ちを考えると出来ない空気・・・・しかし、なんと凄いですよ!
ペーパー
誤字脱字一つも無く完璧に制覇しました。誤字脱字をする私は少し恥ずかしい思いを致しました。
次は、焼き鳥の接客から焼き鳥を焼く試験。第一番で失敗してしまった。。。
結果は惨敗で不合格となったのですが、ジュンペイの根性と頑張りが有れば必ず合格します。合格後は宗像のエースとなることでしょう。期待しています。
その結果を伝えるとき当然本人にも注意したが、責任者と熟年社員2名に2人の責任だ。何故か当たり前部下の結果は上司の責任である。どのような思いで試験に臨んでいるのかわかって欲しい。誰一人として落ちて有り難いと思う人は居ないだろう。当然OKと言われたいに決まっている。
しっかり教育した結果がNoと言われた。
要するに本人の試験と同様に上司の試験にも該当していることをわかって欲しい。
教育出来ているのかの確認である。過去、落ちた社員に対して直属の上司がこの時ばかりかとお前の日頃の態度がこの有様だろう!と言った者がいるが情けない思いをした。教えたのは誰。試験してくれといって来たのは誰。と言えばそこの、上司と先輩である。
なんでもそうなのだが、教わるより教えるほうが難しい。
私も、昨日の試験に参加しながら昔のその罵倒を飛ばした2名と社員2名の事を思い出しながら、自分も反省した。
その、上司の上司は私なのだ。全てが線では無く和・円となって自分なのだ。
私の教育が不幸を招くこと。深くお詫びしたい。

091115_main.jpg
私は、変態ではない。
ただ、美を意識して世界1を競う世界は私には想像も付かない位凄い事だろうと思う。
外見の美しさだけでは無くて生き生きしています。皆さん。
これぞ、究極のプロ。
スポンサーサイト
   
     
       

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://syokuraku1616.blog92.fc2.com/tb.php/441-d42b01ee
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。